お値打ちモノグラム アイランドスリッパ×ウエストオーバーオールズ

作り手の熱い思いが詰まることで生まれた、価格以上の価値があるいいもの、つまり「お値打ちモノ」。ここでは編集部が足と口コミで見つけてきた「お値打ちモノ」の数々をシェアします!
 

アイランドスリッパ×ウエストオーバーオールズのPT223FE
アイランドスリッパ×ウエストオーバーオールズの
PT223FE

アイランドスリッパの履き心地はそのままに、ウエストオーバーオールズならではの素材使いでデザインをアレンジ。2020年6月24日~8月25日に開催されるGINZA SIXでのポップアップショップと、アイランドスリッパ公式オンラインショップのみの限定販売。1万9000円。

編集部 オオキ

ハワイの傑作ビーサンをデニムの名手がヴィン腕アレンジ!
(編集部 オオキ)

薄着に映える、大人な素材とロゴ使い。きっと今夏はこれに頼りっきり!

何も考えずにつっかけるだけで、気負わずに洒落た雰囲気と季節感を醸せるのがサンダルのいいところ。ですが、夏のエースだけにオーバーワークになりがちなのも事実。だからこそ、そんな頻用がポジティブな形で返ってくる、経年変化が楽しみな一足をリコメンドします!

クロスストラップでホールド感抜群の“PT223”は、近年のアイランドスリッパを代表する人気モデル。クッション性抜群のフットベッドはスエード製で、素足に気持ちいい肌触り。

そんな新定番モデルを、アメリカンヴィンテージに精通したデザインが洒落者に人気の、ウエストオーバーオールズが別注! お家芸のデニムをストラップに採用し、通常ジーンズのマーベルトに使うロゴ入りバンドを組み合わせた激レア仕様で、シンプルになりがちな夏の着こなしのアクセントにもなってくれそうです。

GINZA SIXと公式オンラインショップのみの限定販売ゆえ、気になる人は早めの購入が吉ですよ!

 
♯新定番PT223と風合い抜群の井原デニムが合体!

新定番PT223と井原デニム

クロスストラップと甲が低めの作りで、履いたときの安定感が抜群の“PT223”。そのストラップに岡山県井原市産の良質なデニム生地を合わせた。これ一足でレザーとデニム、両方の経年変化が楽しめる。

 
♯象徴的なジーンズのマーベルトがストラップに!

ウエストオーバーオールズの腰裏ベルト

ウエストオーバーオールズのアイコンともいえる腰裏ベルトをストラップに。古き米国ワーカーのサスペンダーを思わせる風合いは、巷のロゴものと一線を画す。

 
♯PTソールで履き心地も抜群

アイランドスリッパ×ウエストオーバーオールズのPT223FE

PTと呼ばれるラバーソールは、スニーカーに着想を得てアイランドスリッパが独自に開発したもの。グリップ力とクッション性に優れ、長時間歩いても疲れにくいのが大きなメリットだ。
 

♯履き心地は折り紙付き ♯珍しいデニムストラップ ♯経年変化が楽しみな一足

(問)ジーエムティー
☎ 03-5453-0033
アイランドスリッパ http://islandslipper.gmt-tokyo.com/
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年9月号の記事を再構成]写真/上野 敦 ダリウス・コプランド(以上、プルミエジュアン) 文/今野 壘 スタイリング/飯塚 俊

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ