New Balance ニューバランス M1300JPJ

ニューバランスのM1300JPJ

大“N”ewsです! 2020年2月、5年ぶりに完全復刻され話題を呼んだ名機M1300に、こんな“隠し球”があったなんて!!

刮目すべきは、その名に燦然と輝く“JPJ”の文字。そう。このM1300は1985年の誕生以来初となる“日本製”なんです! しかも凄いのは、その製作を現代の名工、三村仁司氏が設立したシューズ工房「ミムラボ」が担ってるってこと!

米国製がコンピュータ制御の自動ミシンで縫製している部分まで、職人がミシンを使って立体縫製していたり。はたまた米国製が機械で吊り込んでいるのに対して、職人がヤットコを使って寸分の隙間なく吊り込んでいたり……。

日本の匠たちの膨大な“手”を加えることで、伝統のSL2ラストにより添った=よりフィット感がアップしたM1300へと仕立てられてるんです!
 
ただJPJが息づいてるのは製造工程のみにあらず。なんと素材も、100年以上の歴史を持つ姫路の老舗タンナー、山陽レザー謹製のヌバックレザーを採用。それも通常メッシュ地が使われる部位まで、ぜ~んぶ! だからこれだけの神々しさを放ってるってわけ。

M1300のソール開発に日本が貢献していたのは、通の間では有名な話。でも今作は、革作りから裁断、縫製、吊り込みまで全てが日の丸メイド。“ALL YOUNEED IS NB”な日本の皆さん! 待望の日本製M1300、これを見逃す手はありませんよ!

 

世界的に有名なシューズ職人の工房ミムラボが手掛けた日本製のM1300!!

New Balance ニューバランス M1300JPJ

これまで数々の一流アスリートのシューズを手掛けてきた三村氏の工房「ミムラボ」。それらの経験がM1300の履き心地に更なる進化をもたらした。

三村仁司氏氏
三村仁司氏

 

アイコニックなタンのロゴもちゃ~んと鎮座

New Balance ニューバランス M1300JPJ
 

トウ部分までオールレザーとドレス靴ばりのプレステージ感

New Balance ニューバランス M1300JPJ

特徴的なスティールブルーの色合いを、キメ細かいヌバックレザーで再現するのは至難の業。熟練職人の繊細な染色技術の賜物だ。
 

特別仕様のシューズボックスに専用のシューズキーパーが付属!!

New Balance ニューバランス M1300JPJ

 

ジャパ“Needs”!

New Balance ニューバランス M1300JPJ

誕生35周年を祝して製作された、初の日本製M1300! 国産レザーを使い、国内の熟練職人が手作業で製作することで、雲の上をさらに超えるような履き心地に♪  世界限定300足。6万8000円。 ※購入方法は公式Instagram(@newbalance_t_house)をチェック!

(問)ニューバランス ジャパンお客様相談室
☎ 0120-85-0997
https://shop.newbalance.jp/shop/default.aspx
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年8月号の記事を再構成]写真/工藤 恒(アルフォース) 文/黒澤正人 スタイリング/佐々木 誠

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ