通勤使いに快適なオススメ傑作4点

通勤使いに快適なオススメ鞄4選

通勤に使って快適か? オンオフ使いを前提としたカバン選びで最も留意すべきポイントはココでしょう。

そこで、まずおすすめしたいのがブリーフィングとチャップマン。毎日ギュウギュウ詰めの電車で通ってる人なら、この極限までの薄マチ設計は絶対ありがたいはず。

またさりげなくセンスの違いを見せつけたいなら、高級感ある革デイパなのにじつは軽量なフルラや、品のある光沢でビジ⇔カジのバランスが絶妙な、マッキントッシュ×ポーターのコラボも狙い目。休日明けの出勤もきっと気分がアガりますよ。

満員電車でも背負える薄マチ

CHAPMAN[チャップマン]スーパーシンプルショルダーバッグ

CHAPMAN[チャップマン]
スーパーシンプルショルダーバッグ

こんなのあったの!?との声が聞こえてきそうなチャップマン製レコードバッグ。もちろん三層構造のキャンバスと堅牢サドル革で、らしさをキープ。W39×H41×D1cm。1万4000円。(エスディーアイ)

チャップマンのスーパーシンプルショルダーバッグ

 

手持ちも2通り

チャップマンのスーパーシンプルショルダーバッグ

ショルダーストラップを中にしまってハンドル部分を持てばトートに、真ん中から折り畳めばクラッチにと、多彩な持ち方ができる。

BRIEFING[ブリーフィング]モールバッグ MW WP

BRIEFING[ブリーフィング]
モールバッグ MW WP

ブリーフィング史上最も薄マチデザインを採用した3way鞄がコチラ! 防水仕様のバリスティック外装も嬉しいポイントだ。W38×H27×D5.5cm。3万3000円。(ブリーフィング 表参道ヒルズ店)

ブリーフィングのモールバッグ MW WP

 

ハンドル持ちもOK

BRIEFING[ブリーフィング]モールバッグ MW WP

ハンドルで持てばよりスマート。もちろん薄マチだから小脇に抱えてもサマになる。ちなみに内装にはしっかりPCスリーブを搭載。

革デイパなのに1kg以下な“カル”ラ

 

800g!!

FURLA[フルラ]テクニカル M バックパック

FURLA[フルラ]
テクニカル M バックパック

リッチな革デイパながら、ソフトで軽量なレザーを使用したことで驚異的な軽さに! 背面にトロリーと接続できるベルトを備えるなど、機能面も優秀だ。W29×H40×D14cm。6万2000円。(フルラ ジャパン)

大物コラボに♡

MACKINTOSH×PORTER[マッキントッシュ×ポーター]ナイロンバックパック

MACKINTOSH×PORTER[マッキントッシュ×ポーター]
ナイロンバックパック

大きな外装ポケット&ブランドロゴを刻んだメタルボタンがアクセントになったデイパ。高密度ナイロンもクリーンな雰囲気に貢献。W27×H39×D10cm。4万9000円。(マッキントッシュ青山店)

MACKINTOSH×PORTER[マッキントッシュ×ポーター] ロゴ

この日・英名門同士のコラボは、出るたび大ヒットがお約束。バッグの隅にさりげな~く配する奥ゆかしさも、かえって大人好みかと。
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年4月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「名門ブランドの傑作[ここ見てガイド]」の最新記事

通勤に使っても超快適♡なオンオフ兼用カバン4選

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ