Begin

Begin

モノ

その他  | 2018.10.10

買えないか……と諦めていたけど、買えるんじゃライカ?

SHARE

30万、いや50万オーバーも当たり前のライカ。しかし、手が届かないと諦めることなかれ! 目を広角レンズのようにして……見つけました。この「ライカ CLUX」、税込みでも15万円あれば買えるんです♡

 

LEICA/ライカ
LEICA C-LUX

 
買えないか……手が届かないと諦めていたけど、いや買えるんじゃライカ!

他のライカに比べて少しセンサーサイズが小さいながらも、超厳格なライカの品質基準を満たすよう工夫! 優れた描写表現をキープしつつも、この超特価を実現しているのはアッパレで、日常生活で使うには十二分に高性能です。

もちろん、モノ好きをそそる“らしい”見た目もそのままですしね♪ さらにSNS需要に応え、撮った写真を素早くかつ簡単に共有することまで可能です。

しかもブランドの中で、もっともコンパクトサイズなので、持ち運びもしやすい。ライカで撮った写真をサクッをSNSに…… 「いいね」も増えちゃうんじゃナイカ?

 

ライカのLEICA C-LUX

ライカのLEICA C-LUX

2000万画素のイメージセンサーと高性能レンズを搭載、光学15倍ズームや10コマ/秒の連写機能も備えたエントリーモデル。Wi-FiやBluetooth経由で、画像を即共有可♪ 13万8000円。(ライカサポートセンター)

 

LEICA/ライカ

LEICA/ライカ ロゴ

ライカカメラ社は、ドイツで1849年に光学研究所としてスタートし、1914年には映画用フィルムを使い、当時としては圧倒的に小型だった35mm判の小型カメラを誕生させた。今日の写真文化の礎。質実剛健な見た目も憧れを誘う。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年11月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 26474フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP