Begin

Begin

モノ

ウェア  | 2018.01.14

着脱式インナーベスト付きステンカラーコートなら秋冬春の3シーズン使える!

SHARE

トレンドとのバランスを考えると、手頃だとしても2年じゃもったいない。でも3年後もカッコよく着られてたら、かなりいい買い物! 難易度が高そうなお買い物ですが、目を向けるべきは人気セレクトの別注&オリジナル。“3年着られてカッコイイ”お墨付きの逸品、教えちゃいます!

 

ジャーナルスタンダード ステンカラーコート

ジャーナルスタンダードオリジナルのステンカラーコート

袖通し滑らかで羽織る際も快適。コットンテンセルのコート、サーモライトのベストはともに軽くしなやかで、ベスト内蔵とは思えない着心地のよさも必見。ベージュ、ネイビー、カーキの3色展開。2万4000円。

 

使い勝手が劇的に変わる脱帽のアイデア!

コートの定番、ステンカラーコートの特徴というと、やはりシンプルで飽きがこないことや汎用性が高いことでしょう。どうせ買うならビジネスとカジュアルで兼用しやすいものが欲しいという人も多いと思いますが、ジャーナル スタンダードにこんなステンカラーがあるのをご存じですか? オンオフ兼用以上にもう一歩踏み込んだ使い方ができる、ベーシックで斬新な一着。プレスの久世さんは胸を張ります。「長くステンカラーを作り続けてますが、これは最高傑作といえる汎用性の高さがウリです」。たしかに奇をてらわないベーシック顔ですが、見た目だけではわからない、ある仕掛けが!「ここ数年は中綿を入れて防寒性を高め、冬場の使い勝手を考えていました。ただ今年から着脱可能な、サーモライトのベストに変更しているんです」

これはナイスアイデア! サーモライトでより暖かく、外したベストは単品でもサマになる仕上がり。またコートの生地は上品な光沢とハリがあり、さらりとしたコットンテンセルで、夏以外の3シーズン使える。すっきりしつつジャケットにも合わせやすいシルエットで、オンオフ兼用にも文句なしです。そのうえ2万4000円ときたら、それは最高傑作と謳うのも納得ですね!

 

普通のステンカラーコートはこんな感じ

c_mono_1712_journal3years_02

レイヤードで防寒対策をしないと、冬はちょっと辛い日もあるステンカラーコート。ひと昔前までは土管を思わせるようなシルエットも多く、オジさんクサいきらいがあるモノも……。

 

だけど…このステンカラーコートの差は

1.インナーベストをサーモライトに変更

c_mono_1712_journal3years_03

 

2.袖口まで裏地を張り着心地を優先!

c_mono_1712_journal3years_04

 

3.着脱可能なインナーベストは単独でも使える!

普通のステンカラーコートはこんな感じ

3年OKで2万4000円!

 

(問)ジャーナルスタンダード 表参道
TEL.03-6418-7961
http://journal-standard.jp/

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2017年12月号の記事を再構成]
写真/植野 淳 文/桐田政隆 スタイリング/榎本匡寛(remix) ヘアメイク/北村達彦 イラスト/TOMOYA

私がイチオシ!

Begin編集部ツノダ

自宅と社内を含めて50足以上のスニーカーを所有する、自他ともに認めるスニーカーフリーク。衝動買い大好き。校了時のワンクリックがやめられない31歳。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 25951フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP