フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

スケートシューズイメージ

顔はレトロ、でもハイスペックというクールなスタイルが◎

スケートボードが2020年東京五輪でも話題となっていますが、スケートシューズも新境地を迎えています。

’60年代から米国・西海岸のサーファーが街での練習に始めたスケボー。それから一大カルチャーに発展するなか、欠かせぬ存在となったのがヴァンズ、エアウォークなどのハイグリップで陽気なスニーカーたち。

そして近年は4大ブランドのプロモデルが新定番となる勢い。顔はレトロ、でもハイスペックというクールなスタイルがヒップなんです!
 

青春がよみがえるエアウォーク

エアウォーク

1986年設立のフットウェアブランド。名前はスケボーのトリックに由来。スケーターやBMXライダーに支持され、’90年代に日本のストリートでも人気に。1万3800円(デルタ)

 

スケシューのTHEオーセンティック

ヴァンズの処女作「#44オーセンティック」

1966年にオープンしたヴァンズの処女作「#44オーセンティック」。オリジナルのヒールパッチには創業者ヴァン・ドーレンのロゴが。’70年代にスケーターの間でブレイクしたことは有名だ。

ヴァンズの処女作「#44オーセンティック」 オリジナルのヒールパッチ
オリジナルのヒールパッチ

サンバのスケートスペック

adidas Skate boarding アディダス スケートボーディング

adidas Skate boarding
アディダス スケートボーディング

1950年登場のアディダスきってのクラシックサッカーシューズ、サンバをベースにしたスケートボーディングライン。アディプリーンを搭載し、着地の衝撃吸収と安定性に優れる。1万1000円(アディダスグループお客様窓口)

ズームエア搭載のスリッポン

NIKE SB ナイキ SB

NIKE SB
ナイキ SB

プロスケーター、ステファン・ジャノスキーのシグネチャーシリーズ。クラシカルなヴァルカナイズド製法のスリッポンだが、インソールに最先端のズームエアユニットを搭載! 1万円(ナイキカスタマーサービス)

デッキに似合うコンバース

CONVERSE SKATEBOARDING コンバース スケートボーディング

CONVERSE SKATEBOARDING
コンバース スケートボーディング

18AWシーズンから本格的にスタートした国内発のスケートライン。タフなスエードアッパー、リアクトHDのカップインソールを備え、プロスケーターもお墨付きの一足。1万2000円(コンバースインフォメーションセンター)

オーリーを重ねても破けない212

NEW BALANCE NUMERIC ニューバランス ヌメリック

NEW BALANCE NUMERIC
ニューバランス ヌメリック

アクションスポーツライン、NBヌメリック。’70年代のコートシューズ「212」をベースに、チームライダーのリクエストを採用。2層スエード構造のオーリーエリアがその証し。8500円(ニューバランス ジャパンお客様相談室)
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2019年5月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「大人が知るべきスニーカー列伝」の最新記事

いま本当にアツいスケートシューズ4大ブランド

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ