’80年代の1stビデイル

正しいケアを施して希少モデルを長く着る

バブアーのアウターは洗練と無骨さが共存する、男の一生モノ。なかでも今買っておかないと後悔間違いなしのモデルが1stビデイルです。

現行ではハンドウォーマーになっている上部のポケットもフラップタイプになっており、サイドベンツを備えた誕生当時のディテールを持つ通好みの仕様。

じつは、いつなくなってもおかしくない復刻モデルゆえ、入手は急いだほうが絶対吉!なんです。

Barbour バブアーのビデイルオリジナル

Barbour
バブアーのビデイルオリジナル

1980年発売の初代ビデイルを復刻したモデル。ゆとりあるシルエットでハンドウォーマーがフラップポケット、コーデュロイの衿がやや大ぶりなのが現行モデルとの違い。4万9000円。(バブアー 渋谷店)

ダンボールを使ってムラなくオイルを入れます(大畑さん)

八木通商 メンズPR・大畑さん
八木通商 メンズPR・大畑さん

八木通商 メンズPR・大畑さんの私物(写真下)は’80年代の1stビデイルですが、その復刻モデルを育て始めれば、数年後にはこんな深みある顔つきに。

about 10 years old

1stビデイル
大畑さんの1stビデイル(写真上)は、10年前に古着屋で購入したもの。リプルーフ(抜けたオイルを塗りなおして補充すること)を怠らなければ圧巻のワックス顔に育つ!

「とはいえ、何も手を加えずここまで成長したわけではないんです」と大畑さん。

「ケアのポイントは、ジャケットを隅々まで温め、ワックスは液状に温めてからリプルーフすること。誕生当時と同じディテールを持つビデイルを上手に育てれば、ワックスドクロスの真価も大いに堪能できます!」。

HOW TO オンリーワン! 〜バブアー ビデイルの正しいケア方法〜

 

八木通商 メンズPR 大畑広志さん

八木通商 メンズPR
大畑広志さん

バブアーやマッキントッシュなど、老舗ブランドを扱う同社のプレス。アウターはもちろん、革靴などのケア全般に独自の哲学を持つ。

※表示価格は税抜き


[ビギン2019年3月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「今買うべき育てる<新>一生モノ」の最新記事

NOT定番! だから長く着たいバブアーの1stビデイル

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ