フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

ラドー
ラドー トラディション 1965 オート

スクリーンのような横長のレクタンギュラー(長方形)ケースが印象的。

モダンな意匠が目を惹く1965本限定の復刻版!

ケース形状だけでなく時針・分針やインデックスまで長方形で統一! 昨年発表された「ラドー トラディション 1965 オート」は、なによりも幾何学的なデザインで強く印象づけられる復刻モデルなんです。

1965年に発表されたオリジナルモデルは、観光名所としても有名なマンハッタンのスカイラインにインスピレーションを得てデザインされたものなんだとか。時代性を反映したそのモダンな顔立ちが袖口から覗けば人目を惹くことウケアイです!

ケースサイズ35×35mm。自動巻き。日付表示。SSケース。レザーストラップ。5気圧防水。世界限定1965本。21万円。(問)ラドー/スウォッチ グループ ジャパン TEL.03-6254-7330

1965年はこんな年!

ソ連が人類初となる宇宙遊泳を成功させる。ローリング・ストーンズの「サティスファクション」が全米のシングルチャートで4週連続第1位を獲得。朝永振一郎がノーベル物理学賞を受賞。プロ野球の巨人軍が日本一に(V9が始まる)。

 

ティソ
ティソ ヘリテージ バナナ 日本スペシャルモデル

日本限定のスペシャル版であるネイビーカラーモデル。ストラップまで同色でまとめているのがポイント。

100年以上前の意匠とは思えない斬新さ!

今から103年前に遡る1916年に誕生した「バナナ・ウォッチ」。“バナナ”の名称の通り、手首に沿ってカーブするユニークで大胆なケース形状が、当時の人々の度肝を抜いたことは言うまでもありません。

復刻モデルは、カレンダーや秒針などの付加的要素を省いたドレッシーなスタイルをそのまま再現。アール・ヌーボー様式の影響を色濃く映すデフォルメされたアラビア数字のインデックスやスペード針にも当時の雰囲気が窺えます。

豊富な色展開が用意されているバナナ・ウォッチですが、今回紹介する“ネイビー”は日本限定のスペシャルカラー。ケースサイズ49×27mm。クォーツ。SSケース。レザーストラップ。3気圧防水。4万3000円。(問)ティソ TEL.03-6254-7361

オリジナルはコレ!

1916年の誕生以来、これまでも幾度となく復刻されてきたオリジナルモデル。

1916年はこんな年!

アメリカ大統領選挙で現職のウッドロウ・ウィルソンが再選を果たす。ヨーロッパは第一次世界大戦の最中。ボーイング社創業。アルベルト・アインシュタインが「一般相対性理論」を発表。明治製菓(当時は東京菓子)創立。

 

オリス
オリス ダイバーズ 65 デイト

3年来の人気モデルに径36mmが追加された!

2015年の発売以来、人気を博してきた復刻モデルの「オリス ダイバーズ65」。復刻の対象となったのは、1965年にオリスが初めて製作したダイバーズウォッチでした。2015年の時点では、径40mmのみの展開でしたが、2018年に待望の小径モデル=径36mmが追加!

エッジに向かって湾曲していくドーム型風防がレトロな雰囲気を醸し出します。ただし、素材をサファイアクリスタルにすることで耐傷性もしっかり確保。さらに視認性を高めるべく裏側に無反射コーティングを施すなど、随所に最新技術が採り入れられているのも見どころ。

今回ご紹介する2018年版の復刻モデル「オリス ダイバーズ 65 デイト」は、パーツの一部にブロンズを使ったツートーン仕上げでの展開。ケース径36mm。自動巻き。日付表示。SSケース。レザーストラップ。10気圧防水。22万2000円。(問)オリスジャパン TEL.03-6260-6876

1965年はこんな年!

シンガポールが独立。ニューポート・フォーク・フェスにボブ・ディランが登場するも、エレキギターを弾いて野次を浴びる。東京に初のスモッグ警報が発令。プロ野球で第1回ドラフト会議が開催。「フィーリング」が流行語に。

 

オリス
オリス ビッグクラウン ポインターデイト

1938年製造のオリジナル版をややモダナイズして復刻した2018年モデル。

オリスの初代パイロットウォッチを見事に再現!

1910年代初頭からパイロットのために腕時計を製造していたオリス。1938年にはその決定版ともいえるパイロットウォッチのコレクションを発表しています。それが手袋を外さずとも時間調整ができる、大きめのリューズを備えた「ビッグクラウン」でした。

「ビッグクラウン」にはポインターデイト機能が搭載されていましたが、当時はムーブメントメーカーのETA社にもこの機能を持つムーブメントがなかったため、ETAのムーブメントをベースにオリスが自社で開発! 今ではポインターデイトといえば、オリスのトレードマークとまで認知されるようになっています。

そんな「ビッグクラウン」の誕生80周年を記念して2018年に発表されたのが、復刻モデルの「ビッグクラウン ポインターデイト」なんです。ケース径36mm。自動巻き。ポインターデイト。SSケース。レザーストラップ。5気圧防水。17万5000円。(問)オリスジャパン TEL.03-6260-6876

オリジナルはコレ!

1938年製の「ビッグクラウン」。オリジナルモデルもポインターデイトの針先はレッドだった。

1938年はこんな年!

ナチス・ドイツがオーストリアを併合。日本では国家総動員法が施行、本格的な戦時体制が確立する。パリで開催された国際シュルレアリスム展に岡本太郎が作品を出展。後に「パイオニア」となる福音商会電機製作所が創業。チャーリー・チャップリンの映画『モダン・タイムス』が日本で封切られる。

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ