10月も後半、コートもそろそろ出番です。しかし厚手では昼間に暑く、ライトすぎれば朝晩に寒い……。毎年のことなのにいっつも悩むこの問題、ズバッと解決してくれるイチオシコートをご紹介!

 

マニュアルアルファベットのシャツコート

一見すれば、何の変哲もないシャツコートかもしれません。手掛けているのは、シャツメーカーとして数多くのOEMの経験を持つ「マニュアルアルファベット」。メーカーとしての実績とノウハウに基づき、大人が着る上質なシャツを生み出しているファクトリーブランドです。そんな同ブランドが、「シャツ感覚で羽織れるコート」をコンセプトに作ったのがこのシャツコート。じゃあ一体、どこがいいわけ? って疑問にお答えしちゃいます。 

 

 

1、しっかり秋冬仕様

シャツコートっていうと、ぺラッとした薄手の羽織を想像しません? でも安心してください! ココんちのは、秋冬の使用に耐えうるようモディファイ済み。春夏用シャツコートとして人気の「O/D TYPEWRITER SHT COAT」に比べ、生地にはコシを持たせ、衿にはコーデュロイを配して秋冬感をアップ。丈は長いから風よけとなり、しっかりあたたかいインナーを着れば長い間着こなせます。「シャツコートといえば、春と秋の短い期間しか着られない…」なーんて定説をサラリと覆してくれます。

 

 

3、ラク~♪に羽織れるサイズ感

次に考えたいのは、実際に羽織ったときの着心地について。寒くなれば厚手のニットやスウェットなんかを着込むわけで、肩回りが動きやすく、袖通しがいいかどうかは重要です。本作をみてみると、シャツの要素はしっかり残したまま、袖のサイズ感と襟のボリューム感は広め。アームホールも広くとり、スウェットの上からでもスムーズに羽織れる仕様です。

 

3、着こなしやすいシルエット

サイズ感や仕立てにこだわって作られている、マニュアルアルファベットのコート。どんなスタイルにもフィットするベーシックなシルエットのため、着こなしやすく使い勝手も抜群です。厚手のアウターと異なり、かさばらないスマートなシルエットなのもいいですね♪ 数あるシャツコートのなかでも、コスパ最強と言える一品です。 

MANUAL ALPHABET〔マニュアルアルファベット〕O/D DRILL SHT COAT
2万1384円。>>もっと画像を見る

 

Begin Market

Begin Marketへ

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ