アッパー、ソール、内装を黒で統一したスニーカーが最近人気。それをスポーツ系から選ぶと、一層わかってる感じが出るんです!

 

スニーカーの最旬

スポーツ系3(トリプル)ブラックならわかってるね~♪感が出まくり!
トレンドの鮮度を増すミニマルな好配色

時代は空前絶後のスニーカーブーム継続中。レアモデルの情報とプレ値論争は過熱するばかりですが、目の利く大人としてはそんな競争とはまた違うところでフレッシュな一足を楽しみましょう。

例えば、スニーカー事情の近年の変化で目立っている、“トレイルラン”というスポーツカテゴリー。その背景ゆえの快適さが熱視線の理由ですが、今夏選ぶならさらにもう一歩踏み込んだものがオススメ!

その鍵となるフレーズが“トリプルブラック”。ソールからライニングまで黒でまとめた端正な配色はとにかくモダン、本気の機能派モデルが、グッとスタイリッシュになるって算段です。

鮮度の高いボリューミーな一足も履きやすいシャープな一足も、山系由来のグリップ力よろしくスベり知らず!

 

本気シューズなのにちょいモードな雰囲気♪

ホカ オネオネ、イノヴェイト、オンのトリプルブラックのスニーカー
1.オン 2.イノヴェイト 3.ホカ オネオネ

 

On/オンのスニーカー
1.On/オン
とにかく疲れにくい“クラウド”。2層構造のインソールと、文字通り雲のような形状のクラウドテック®ソールが走行性を高める。25~32cm展開。1万3800円(オン・ジャパン)

INOV-8/イノヴェイトのスニーカー
2.INOV-8/イノヴェイト
新作の“ロックライト 295 UNI”。同シリーズの中でもミリタリーテイストを強めたオフロードモデルで、つま先にゆとりをもたせた快適設計。1万4500円(デサントジャパン)

HOKA ONE ONE/ホカ オネオネのスニーカー
3.HOKA ONE ONE/ホカ オネオネ
とにかく分厚いソールと最上級のクッション性を備えた“ボンダイ6”。メッシュアッパーに入るロゴも、しっかり同色というのがナイス。2万1000円(デッカーズジャパン)

 

ラフさとシックさのバランスが絶妙!

ホカ オネオネのスニーカー コーディネート

モダンな印象のブラックが、嫌味のないこなれ感を添える。フリークス ストアのシャツ8900円、同パンツ1万1800円(以上、フリークス ストア渋谷) ルノアの眼鏡3万7000円(ザ・パークサイド・ルーム)

 

トリプルブラックって?

トリプルブラックとは

キックス通にはお馴染みの呼称

スニーカーを構成する3要素、アッパー、ソール、ライニング(内側の補強布)をすべて黒でまとめたモデルの呼び方で、要はオールブラックのこと。スニーカーフリークの間では常套句のひとつになっているので、サラッと言えたら、きっとわかってる人に見えるはず。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年9月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。
 

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ