フォローした特集やタグは、
タイムラインで最新情報を
チェックできます。

フォローチュートリアル
閉じる

最近、デイパ通勤する御仁を本当によく見かけます。そろそろ自分も……と考える方もいるかと思いますが、デイパ自体はもともとカジュアルなもの。ビジネスシーンではどんなデザイン、どんな着こなしならばOKなのか。ってことで、お洒落の駆け込み寺ことセレクトショップの敏腕プレスに、その“背負リー”を聞きました!

 

シップス プレス 今 竜太さんのMy背負リー その1
スーツは四角い3wayが鉄板!

今 竜太さん

スタンダードなスーツ通勤

 

サイズもコンパクトですっきり見える!

今 竜太さん

解説:「通勤デイパといえば3wayブリーフが鉄板ですが、サイズが大きかったり荷物がパンパンだったりすると、やっぱり品が損なわれます。このデイパはサイズが少しコンパクトで、開口部のマチも薄く、デジタル化やペーパーレス化で荷物が減る昨今に最適のすっきりデイパです。」

 

背負ったのはコレ! トゥミ フォー シップスの3wayブリーフケース

トゥミ フォー シップスの3wayブリーフケース

街でトゥミカブリしない洒脱なオールネイビー

バリスティックナイロンの人気別注作をアレンジ。従来はブラックだったハンドルやロゴなどのレザーを、ネイビーに変更。よりスタイリッシュさがアップした。W40×H29.5×D9cm。6万円。(問)シップス 銀座店 ☎03-3564-5547

 

シップス プレス 今 竜太さんのMy背負リー その2
ジャケパンはカマボコ型でもレザーなら無問題

今 竜太さん

カジュアルなノータイ通勤

 

形はカジュアルでもレザーだから上品♪

今 竜太さん

解説:「最近ビジネススタイルのカジュアル化が進んでいますよね。そこで、こんなレザーのデイパ。形状はいわゆるカマボコ型のクラシックなアウトドアデイパですが、品のよいレザーでカジュアル感がグッと薄まります。比較的ラフなスタイルで通勤する人にオススメです。」

 

背負ったのはコレ! トフ&ロードストーンのデイパック

トフ&ロードストーンのデイパック

品格あるレザーデイパはビジネス使用もなんのその

細かいシボが高級感を醸すゴートスキンレザー仕様。ストラップの裏側、背中部分などはナイロンを使用し、高いフィット感を確保。真鍮製の金属パーツも◎。W31×H39.5×D12cm。4万6000円。(問)シップス 渋谷店 ☎03-3496-0481

 

※表示価格は税抜き

 


[ビギン2018年4月号の記事を再構成]
写真/上野 敦(プルミエジュアン) 野町修平 上仲正寿 斉藤遼子 文/秦 大輔 山田純貴 桐田政隆 トロピカル松村 伊藤美玲 礒村真介 今野 壘 スタイリング/武内雅英(CODE) 取材協力/中田商店

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ