string(38) "https://www.e-begin.jp/article/368259/"
int(1)
int(1)
  

PUMA プーマのCLYDE CLYDEZILLA MIJ

気分あがる休日には“ちょい変え”したい
モノ語りも盛り沢山な復刻クライドが狙い目!

なにかと我慢の生活と打って変わり、気分よく出掛ける日が増えたこの頃。安心の定番スニーカーもいいけど、気分新たにコーディネートをアップデートしたい! 

ただプレ値ものや若作りに見えるのは勘弁、てのが定番好きの胸の内ですよね? ならば生まれ変わった名作品番、“転生スニーカー”が最適解です。例えばプーマのクライドなんてドンピシャの一手!

ちなみにプーマの名作といえばスウェード、という人も多いかと。ただクライドとスウェードはほぼ同じ。

てのもクライドはNBAのスター選手、ウォルト・フレイジャーの“シグネチャーモデル”だったのですが、契約解消に伴って「Clyde」の刻印をせずに売られたのが、“プーマのスウェード”と呼ばれるようになったから! つまりスウェードの源流なんです。

しかも8月発売の新作は姫路レザーを使った日本製の極上クオリティで、鮮烈なコンビカラーもスタイルアップにあつらえむき。またクライドは限定的な復刻だから、カブりにくい名作ってのも最高。安心と斬新を添えた転生スニーカーとして、まずは太鼓判です!

《選びの3point》

  • 名モデルの血を継いでいる、新しい一足
  • オリジンに近いほど、手持ち服にさっと馴染む
  • 今ならプレミアつく前、先行投資に!?

“あのスウェード”の元祖が安心と斬新を添えて、今またイイ

PUMA プーマのCLYDE CLYDEZILLA MIJ

PUMA
CLYDE CLYDEZILLA MIJ

アッパーの滑らかで上品な艶を持つブラックスエード、美しいジニアオレンジのフォームストライプスの表革は、ともに姫路レザーを使用。鮮やかな配色でも大人っぽく見えるのが嬉しい。2万2000円(プーマ お客様サービス)
 

タン裏にさり気なくメイドインジャパンの証し

PUMA プーマのCLYDE CLYDEZILLA MIJ

いつもの休日パンツが、“ちょい変え”でフレッシュに!

PUMA プーマのCLYDE CLYDEZILLA MIJ
 

黒パンも

PUMA プーマのCLYDE CLYDEZILLA MIJ

 

軍パンも

PUMA プーマのCLYDE CLYDEZILLA MIJ

 

チノパンも

PUMA プーマのCLYDE CLYDEZILLA MIJ

プーマといえば、の【スウェード】を生んだ知っておきたいクライド遍歴

クライド遍歴

スニーカー好きでも、スウェードとクライドの違いってよくわかんなかった。て人も多いのでは? じつは奥深い系譜があるんです!

NBAのスター選手「ウォルト・フレイジャー」がリクエスト
 

ウォルト・フレイジャー

 
1987年に殿堂入り、NBA50周年の1996年、「50人の偉大な選手」に選出されたポイントガード。下のトレーニングシューズ、クラックをベースにバスケットボールシューズへの転用をリクエストし、彼の愛称、クライドの名が付いた。

[1968]クラック
ベースは陸上金メダリストのトレーニングシューズ

PUMA プーマの1968 クラック

メキシコシティ五輪200m金メダリストのトミー・スミスが履いていた、スエード製トレーニングシューズのクラック。これをベースに、フレイジャーのためのシューズ開発が始まりました。

[1973]クライド
軽く丈夫なスエード製でバスケの動きに対応する仕様へ

PUMA プーマの1973 クライド
※写真は現行モデル1万5400円(プーマ お客様サービス)

クライドはフレイジャーの足型、バスケットボールの動作に合わせ、ワイズを広く、防滑性に優れたデュラブルスターパターンのソール、内羽根から外羽根として、コート上での機敏な動きを可能に。

 

本記事の紹介モデルの「復刻クライド」は、元祖を踏襲しながら転生

PUMA プーマの1973 クライド→CLYDE CLYDEZILLA MIJ

[1979]スウェード
フレイジャーが活躍したニックスのNYのストリートから人気に火が付いた

PUMA プーマの1979 スウェード
※写真は現行モデル9790円(プーマ お客様サービス)

Clydeの刻印がなくなっただけで仕様は同じ。当初の商品名はPUMA。NYのストリートで人気となり『プーマのスウェードの靴』と呼ばれ、90年代に入ってモデル名がスウェードとなりました。

 

教えてくれたのは

プーマ ジャパン トレードマーケティング マネージャー 野崎兵輔さん

プーマ ジャパン トレードマーケティング マネージャー
野崎兵輔さん

プーマ ジャパン随一、プーマのアーカイブシューズを所有する生き字引的存在。今年のクライドの復刻にも関わっている。

 
※表示価格は税込み


[ビギン2023年10月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

Begin 2023年10月号

Begin 2023年10月号

新しい靴とカバン100選

定価820円(税込)

詳しくはこちら

特集・連載「新しい靴と鞄100選」の最新記事

定番とイマドキ、Wの遺伝子は物欲をそそる~! 転生スニーカー

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ