コンバース

野鳥

山や里野まで足をのばさずとも、珍しい野鳥は観られます。というわけで足を運びやすい探鳥地&そこで観られる注目の野鳥を、全国を調査で巡る野鳥観察のプロに聞きました!

全国を調査で巡るプロ・バードウォッチャーに聞く
全国探鳥地MAP

全国探鳥地MAP

① 円山公園(札幌市)

円山公園(札幌市)

キツツキが5種類! 道内のみのレア種も

オオアカゲラ、アカゲラ、コゲラのほか、日本では北海道のみに生息するヤマゲラや、限られた場でしか観られないクマゲラも観られます。体が冷えたらスープカレーで温めて!

住所.北海道札幌市中央区宮ヶ丘3
☎ 011-624-0453
営業時間.24時間
定休日.無休

② 青葉山公園(仙台市)

青葉山公園(仙台市)

都市の近くでヤマセミに出会える貴重なスポット

ヤマセミは山深くの渓流など限られた場所に棲む野鳥。減少傾向ですし、大都市近くでこの鳥に出会えるのは、ならではの魅力です。伊達政宗像を観た足で、ぜひ探してみてください。

住所.宮城県仙台市青葉区川内
☎ 022-263-7486
営業時間.24時間
定休日.無休

③ 明治神宮(渋谷区)

明治神宮(渋谷区)

触れそうなくらい!? 野鳥との距離が近い場所

ヤマガラやシジュウカラ、コゲラといった可愛い小鳥が通年よく観られます。人慣れしていて鳥が近くに来ますが、お菓子などの餌付けはマナー違反なので気をつけましょう。

住所.東京都渋谷区代々木神園町1-1
☎ 03-3379-5511
営業時間.5:40~16:40(10月の場合)
定休日.無休

④ 葛西臨海公園(江戸川区)

葛西臨海公園(江戸川区)
写真提供:公益財団法人 東京都公園協会

一日BWに浸れる野鳥の楽園がある!?

公園には、淡水池や汽水池、またそれを囲う森林が広がる、野鳥の楽園「鳥類園」があります。観察窓や観察舎などもあり、シギやカモなどをはじめ、水辺の鳥をじっくり観られます。

住所.東京都江戸川区臨海町6-2
☎ 03-5696-1331
営業時間.24時間
定休日.無休(施設によって異なる)

⑤ 谷津干潟(習志野市)

谷津干潟(習志野市)

自然観察センター併設でBW初心者も安心です

ラムサール条約登録湿地として有名なスポットです。水辺の鳥のシギ・チドリ類がよく観られます。間近に鳥を観察できる谷津干潟自然観察センターにも、ぜひ寄ってください。

住所.千葉県習志野市秋津5-1-1
☎ 047-454-8416
営業時間.9:00~17:00 
定休日.月曜(祝日の場合は次の日平日)

⑥ 兼六園(金沢市)

 兼六園(金沢市)

可愛らしさで人気のエナガの群れが観られる

観光地として名高い兼六園は、野鳥スポットでもあり、エナガの群れを観ることができます。シジュウカラの仲間や、オレンジが綺麗なジョウビタキやアトリといった鳥も来ます。

住所.石川県金沢市兼六町1
☎ 076-234-3800
営業時間.8:00~17:00
定休日.無休(時雨亭を除く)

⑦ 南港野鳥園(大阪市)

南港野鳥園(大阪市)

シギ・チドリなど水辺の鳥をはじめ、タカの仲間も!

ジグザグ歩きのチドリやカモなどの水辺の鳥のほか、翼をV字にして飛ぶ姿がカッコいいチュウヒやミサゴなどタカの仲間も! 日曜・祝日には野鳥ガイドにぜひ声をかけてください。

住所.大阪府大阪市住之江区南港北3-5-30
☎ 06-6572-4050
営業時間.9:00~17:00 
定休日.水曜

⑧ 後楽園(岡山市)

後楽園(岡山市)

サギの仲間やカイツブリ、林に来る小鳥も狙い目

日本三名園の一つ、後楽園の池では、アオサギやコサギ、ダイサギといったサギ類やカイツブリが観られます。林には小鳥たちも。冬は美しい青色のルリビタキがいるかもしれません。

住所.岡山県岡山市北区後楽園1-5
☎ 086-272-1148
営業時間.8:00~17:00
定休日.無休

⑨ 大濠公園(福岡市)

大濠公園(福岡市)

“日本一小さい”鳥キクイタダキに会えるカモ

カモの仲間やオオバン、ユリカモメといった水辺の鳥たちが多い場所。ほかにも、運がよければ菊の花を頭に戴いたような可愛らしい鳥、キクイタダキに会えるかもしれません。

住所.福岡県福岡市中央区大濠公園1
☎ 092-741-2004
営業時間.24時間
定休日.無休

 

教えてくれたのはこの方!

NPO法人バードリサーチ 研究員 植村慎吾さん

NPO法人バードリサーチ 研究員
植村慎吾さん

《観光ついでにもぜひ、野鳥観察を楽しんでください!》
学生時代から鳥の研究に没頭。大学院卒業後に全国の鳥類の調査研究をするバードリサーチの研究員となり、楽しく各地を巡る。小鳥の声だけでタカの存在を予測→発見するスゴ腕。

《Beginがバードウォッチングをおすすめする7つのワケ》

  1. バブアーやブレディなどのクラシックなアウトドア服の本領を発揮できる
  2. 周りはキャンプに興じてばかり……。他人と違うアウトドアってものイイ
  3. 密を避けた空間で今すぐできる趣味だ
  4. せわしない日常で疲れた心を自然が癒やしてくれる
  5. 違いがわかるモノ好きには身近な野鳥の違いも興味深いはず
  6. ゲーム感覚を味わえる大人版ポ〇モンGOだ!!
  7. そもそも下ではなく上を向いて歩くのがイイ

 


[ビギン2021年12月号の記事を再構成]スタッフクレジットは本誌をご覧ください。

特集・連載「バードウォッチングに行こう」の最新記事

全国を巡るプロ・バードウォッチャーに聞いた「足を運びやすい探鳥地」9選

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ