ソニー wena 3(ウェナ スリー)

新作「wena 3」とドッキングすれば、機械式時計も最先端スマートウォッチに変身!

自慢の機械式時計はアピールしたいけど、スマートウォッチも便利そう……と、そんな煩悩にさいなまれている時計好きにとって、愛用時計をスマートウォッチに変身させちゃう(?)ソニーの「wena(ウェナ)」シリーズの存在は見逃せないはずです。2016年に一般発売が開始された同シリーズは、世界で初めて※スマートウォッチとしての機能をバンド部分に組み込んだ革新的ウェアラブルディバイス。これを愛用時計のヘッド部(時計本体のこと)と合体させることで、手の甲側は時計、手首側がスマートウォッチとコンビ使いができるのです。
※2016年6月時点で発売済みの、腕時計のバンドのなかに電子部品を組み込んだ製品として。wena project調べ。

ということで、来たる11月27日、同シリーズの第三世代となる「wena 3(ウェナ スリー)」が登場です!

スマホに着信があるとディスプレイにその知らせを表示したり、日々の活動量を計測して、そのデータをアプリに記録させたり、各種電子マネーに対応したり……と、これらの機能はそのままに、今作で注目したいポイントは、まず、交通系ICカード「Suica」に対応するようになった点です。すなわち、バックル部を改札機や精算機にかざすだけで鉄道やバス、ショッピングなどでの支払いができちゃうワケです。

Amazon提供の音声サービス「Alexa」も搭載。たとえば外出先でボタンを押して「Alexa」に話しかけることで、帰宅前にエアコンを運転させて部屋を暖めておくなどの使い方ができます。さらに「Qrio Lock」を使えば、スマホを取り出さずとも解施錠が可能になり、万一「wena 3」を紛失したときには「MAMORIO Inside」を利用して、その在りかが探れます。また、最薄部6.9mmのバックル部に搭載されたタッチディスプレイをスワイプすることで、通知の閲覧やスケジュールなど多彩なアプリに簡単にアクセスできるのもウレシいポイントでしょう。

ちなみに、本品はバンドの素材が異なる3型・全5色で展開されます。高級感を追求するならメタルバンドを、カジュアルな手元にはレザーバンドを、そしてスポーティに使いたいならラバーバンドを、といった感じでしょうか? 別売りのアクセサリーを利用することで18-24mmのラグ幅に装着が可能であるうえ、専用工具を使わず簡単に愛用時計が着脱できるので、使うシーンや合わせるスタイルごとに時計を付け替えるといった楽しみ方もできますよ!

ソニー wena 3 rubber

ラバータイプの「wena 3 rubber」は、ヘッド部(時計本体)を装着することなく、バンド単体でスマートバンドとして使用することが可能。しかも新機構「エンドピースコネクタ」(特許出願中)により、バンドを腕に着けたまま簡単にヘッド部の着脱が可能なのだ。

ソニーの
「wena 3(ウェナ スリー)」

バックル部素材:ステンレススティール
防水性能:5気圧
対応OS:iOS 11.0以上/Android 6.0以上
センサー:加速度センサー、静電タッチセンサー、マイク、照度センサー、心拍センサー
対応機能:音声アシスタントサービス「Alexa」、スマートロック「Qrio Lock」、紛失防止機能「MAMORIO Inside」、着信通知、通知閲覧、アラーム、スケジュール管理、電子マネーの精算、電子マネーの残高確認・利用履歴確認、天気予報、歩数、消費カロリー、ボディエネルギー残量、最大酸素摂取量、脈拍数、ストレスレベル、4段階の眠りの深さなど
交通系ICカード&電子マネー機能:Suica(2020年11月下旬より対応可)、iD、d point、Quicpay、楽天Edy、ヨドバシゴールドポイント、ANAスキップサービス
Bluetooth機能:Bluetooth version 5.0(Bluetooth low energy technology)
内蔵電池:リチウムイオン電池
充電方法:wena 3専用充電コネクター、USB Type-Cケーブル
 
〇「wena 3 metal(ウェナ スリー メタル)」
バンド素材:/ステンレススチール
ラグ幅:22mm(別売りのエンドピース使用により、ラグ幅18-24mmに対応可能)
カラー:プレミアムブラック、シルバー(トップ写真左)
価格:オープン価格
市場推定価格:プレミアムブラック3万5000円前後、シルバー3万3000円前後
 
〇「wena 3 leather(ウェナ スリー レザー)」

バンド素材:牛革
ラグ幅:22mm(別売りのエンドピース使用により、ラグ幅18-24mmに対応可能)
カラー:プレミアムブラック、ブラウン(トップ写真中)
価格:オープン価格
市場推定価格:プレミアムブラック3万2000円前後、ブラウン3万円前後
 
〇「wena 3 rubber(ウェナ スリー ラバー)」
バンド素材:/ラバー
対応ラグ幅:18-24mm ※ヘッド部(時計本体)の装着には別売りのエンドピース&エンドピースコネクタが必要。
カラー:ブラック(トップ写真右)
価格:オープン価格
市場推定価格:2万4000円前後
 
発売日:3型ともに2020年11月27日(予約受け付け中)

問い合わせ先/https://first-flight.sony.com/contact
http://wena.jp/lp/wena_3/
 
※表示価格は税抜き


文/山田純貴

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ