本人私物vol3 河野建徳さん

第3回目はお馴染みの老舗セレクトショップから、“ドレス番長”といえばこの人!な河野さんの登場です。ご紹介してもらったアイテムに共通していえること……、ドレスに精通しているだけあって“大人な目線”のラインナップ。最短ルートで品格を手に入れるなら、河野推しのアイテムを参考にするのが賢明ですよ♪

今月のMr.モノ好き

シップス プレスの河野建徳さん

シップス プレス
河野建徳さん

ドレススタイルをこよなく愛する、シップスの若きプレス。それもあり、今回厳選したアイテムはどれもハイセンスな逸品ばかり。また本人インスタ(@tatenori_kono)にて、最旬アイテムも随時更新されているので要チェックです!

【愛用品 No.1】
エルメスの名刺入れ

エルメスの名刺入れ

「メゾンっぽくないデザインがいい」

シップス プレスの河野建徳さん

“いかにもなブランドロゴがない”“あまり見かけない色”という2つの要素が絶妙な塩梅でまとまっているのが、この名刺入れのいいところですね。

ショップ店員からプレスの部署に異動するときに購入した名刺入れ。ただ天邪鬼!?な性格なのか、「他人とかぶりたくない」との思いからこれをセレクトしたそうです。「ひと目でブランドモノとわかるようなデザインは避けたいと思っていました。そんなときに出会ったのが、これです。パッと見ではブランドロゴもないのでエルメスとは気づかれないし、さらにありそうでないこのダークグリーンが◎。一流メゾンならではの、考え尽くされたデザインとカラーの好バランスが愛用している理由ですね」。

●ブランド
【HERMES/エルメス】
●モデル
【Calvi/カルヴィ】
●価格
【5万円くらい】
●購入年
【2016年くらい】

【愛用品 No.2】
カミーユ・フォルネのストラップ

カミーユ・フォルネのストラップ

「ドレススタイルの格上げにピッタリ」

シップス プレスの河野建徳さん

ほぼ仕事時はスーツスタイルなので、その着こなしに合わせる時計のベルトはレザーの一択。それもアリゲーターなら、一層スタイリングに磨きがかかります。

「手前味噌ですが“河野といえばスーツ”が代名詞で、仕事のときはほぼスーツを着るようにしています。なので、合わせる時計のベルトがステンレスだとちょっと僕のスタイルとは違うので、革ベルトにチェンジしました」。そこで選んだのがカミーユ・フォルネのアリゲーターベルトなのだとか。「ひと目で上質かつ高級感を演出でき、ドレススタイルがワンランクアップ。しかもベルト裏がラバー仕様になっているので、汗シミやニオイがつきにくいのも魅力ですね」。百戦錬磨なドレス達人の気配り、あっぱれです!

●ブランド
【CAMILLE FOURNET PARIS/カミーユ・フォルネ】
●モデル
【alligator strap/アリゲーター竹斑 キャビアブラック(上)、アリゲーター竹斑 マロン(下)】
●価格
【ともに4万700円】
●購入年
【2019年くらい】

【愛用品 No.3】
サンタ・マリア・ノヴェッラのフレグランス

サンタ・マリア・ノヴェッラのフレグランス

「好感度抜群です♡」

シップス プレスの河野建徳さん

20歳のころから一途を守り抜いている!?香水は、トップからラストまでのフレーバーにヤミつき! 主に金曜のアフターファイブで使っています(笑)。

かれこれ10年買い足しているという、サンタ・マリア・ノヴェッラの香水。伊の老舗が手がける絶妙なフレーバーは、好感度◎と話します。「購入のきっかけは、ファッション業界の先輩が使っていたこと。ウッディなトップから始まり、トスカーナタバコが香るミドル、ラストはスモーキーなバニラと、嫌みのない香りが長時間持続します。学生時代から今も使っていますが、まずこの香りを嫌がる人はいません。女性もね(笑)。なので、週末はこの香りに頼りっぱなしです!」。いいオトコは着こなしも当然、香りも気にするのね♪

●ブランド
【Santa Maria Novella /サンタ・マリア・ノヴェッラ】
●モデル
【Tabacco Toscano/トバッコ・トスカーノ】
●価格
【1万7000円くらい】
●購入年
【2011年くらいから】

 


取材・文/宮嶋将良(POW-DER) 写真/鈴木克典

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ