エポレットなしの初期型M-65

「街に馴染みやすいエポレットなしの初期型M-65は1年間のみ生産された盲点名作」
―フーパードゥ 杉浦秀治さん

ただでさえ傑作と謳われるM-65 フィールドジャケットにあって、服好きからとくに人気なのが、“ファースト”と呼ばれる最初期モデル。

杉浦さん曰く、「M-65は1965年に米軍に納入されて以来、40年近くにわたって実戦投入されてきた名品なんですが、面白いことに’65〜’66年半ばまでに作られたM-65だけ、エポレットが省略されているんです」。

エポレットなしの初期型M-65

杉浦さんがこれまで1200着以上バイイングしてきて、わずか30着程度しか見つけられなかったという、まさに幻の逸品。

「ですが、状態次第では1万円台で購入できますし、エポレットがない分ミリタリー色も控えめになっていて、より街着として使いやすいというところも、狙いの理由ですね」
 

TEACHER

ーパードゥ 店主の杉浦秀治さん
フーパードゥ 店主
杉浦秀治さん

 
※本特集の掲載商品はすべて参考商品です。


[ビギン2020年9月号の記事を再構成]写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/黒澤正人

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ