お値打ちモノグラム20年1月号 ヒステリックグラマー

作り手の熱い思いが詰まることで生まれた、価格以上の価値があるいいもの、つまり「お値打ちモノ」。ここでは編集部が足と口コミで見つけてきた「お値打ちモノ」の数々をシェアします!
 

HYSTERIC GLAMOUR ヒステリックグラマーのトライアングルウーマン シューズケース

ヒステリックグラマー
トライアングルウーマン シューズケース

耐荷重100㎏の組み立て式シューズケースに、ブランドのアイコンであるトライアングルウーマンのプリントを施したアイテム。手前にパタンと開くフタが透明で中身が見えるのが特徴。マグネットでカチッと閉まるのもナイス。W28×H22×D37cm。2色。各3800円。

HYSTERIC GLAMOUR ヒステリックグラマーのトライアングルウーマン シューズケース

ビギン編集部 マスイ

100kg乗っても大丈夫!な“魅せる”“守る”の二刀流が新しい
(ビギン編集部 マスイ)

スニーカーの収納でお困りの皆さん、ヒスを壁際に敷き詰めるってのはどう?

ヒステリックグラマーはインテリアもいい、とは一部では知られた話。さまざまなインテリアを独自のデザインセンスでリメイクしてくれてるのがいいんですよね。

名手が今回セレクトしたのはシューズケースです。ほら、スニーカーの収納ってけっこう困るじゃないですか。本作ならサイズ的には31cmくらいまでOKで、オールスターのハイカットから、今どきのハイテクバッシュのようなゴツいシューズまで対応。ちょっぴりラグジュアリーなサイズ感もいいんです。

フタが透けるのでカラフルなコレクションを保護しながら眺めることも可能。シースルーが気になるなら、黒を選べば半透けくらいだし、黒と白を重ねると単色より見た目もカッコいい。まさに室内装飾といえる仕上がりになっているんです。

そもそも乗らないから耐荷重100㎏はやりすぎ? いえいえ、この耐荷重ならスタッキングが実質ほぼ無制限ということ。壁一面に敷き詰めて愛機を眺めてみては?

 
♯透明ゆえ、いつでも愛機を眺められる

透明なフタ

フタ部分が完全に透明なので、どこに、どれが、どうなってるか、また出したいときに出したいシューズが一目瞭然。見せる=魅せるだけでなく、機能面にもメリットがあるんです。
 
♯100kg耐荷重!?

頑丈なポリプロピレン製の本体

本体はポリプロピレン製。フレームがしっかりしているので、一般的な成人男性である編集部員が乗っても大丈夫。リーチ・マイケルならギリギリ。ラグビー日本代表のね(笑)。

HYSTERIC GLAMOUR ヒステリックグラマーのトライアングルウーマン シューズケース
スタックさせても安心♡

 

♯見せる収納 ♯ヒスのインテリア ♯人が乗っても壊れない

(問)ヒステリックグラマー
☎ 03-3478-8471
https://www.hystericglamour.jp/
 
※表示価格は税抜き


[ビギン2020年1月号の記事を再構成]写真/上野 敦(プルミエジュアン) 文/礒村真介

Begin Recommend

facebook facebook WEAR_ロゴ