Begin

Begin

定番の教科書

定番の教科書  | 2017.07.12

読めばたちまちサイクリストの仲間入り!? -「ロードバイク」の教科書

SHARE

HISTORY

そもそも現在の自転車の原型が確立されたのは1888年のこと。それから十余年後にはドロップハンドルなどが登場、ロードバイクのカタチが完成する。そして一世紀が経過した今、ロードバイクは素材やデザインの多様化に伴い、性能が著しく進化。サイクリストを魅了している!

ロードバイクは
自分のサイズを知ることで
人力最速車となる

定番アイテムの基礎知識

自転車

【ロードバイク】

●舗装路の競技(走行)を優先して作られた自転車
●ドロップハンドル、変速機が特徴
●フレームのサイズ選びが重要

 ロードバイクの原型が完成したのは、1900年頃と言われている。その10年後には早くもレースが開催されていたとはいえ、決して刹那的なスピードを追求した乗り物ではなく、ロードバイクとはあくまでも「遠くまで」「速く」「快適に」走ることを優先した自転車のことだ。そうしたロードバイクの特色は、陸続きのヨーロッパで誕生したという背景に起因しているのは間違いない。このためロードバイクのフォルムは、極限まで機能性を優先。ドロップハンドルと何枚ものギヤ、および変速機が主張する特徴的な外観は、サイクリストの身長や体格に合わせて適切なフレームサイズを選ぶということと合わせて、普通の街乗り自転車と一線を画している。ロードバイクはまぎれもないスポーツギアなのだ。

写真/大嶽恵一 文/高成浩(POW-DER) スタイリング/嶺井淳 取材協力/日直商会

掲載記事は、雑誌Beginの連載『定番の教科書』の2012年8月号に掲載された記事の抜粋であり、本記事に掲載されている商品の価格や問い合わせ先、仕様などの情報は、原則として掲載当時の情報となるため、現在の仕様や価格、色、情報とは異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

読めばたちまちサイクリストの仲間入り!? -「ロードバイク」の教科書

  • HISTORY
    ロードバイクは 自分のサイズを知ることで人力最速車となる
    そもそも現在の自転車の原型が確立されたのは1888年のこと。それから十余年後にはドロップハンドルなどが登場、ロードバイクのカタチが完成する。そして一世紀が経過した今、ロー...
  • MASTERPIECE
    職人技で作られる芸術品!?
    イタリアの名門ブランド、デローザの金属フレームは専門職人が一台一台丁寧に組み上げる。この知識と経験が活かされたカーボンフレームのR848は、海外で製造することでコストを大...
  • Q&A
    ロードバイクを初めて買うときに注意すべきことって?
    プロショップでじゃ完成車がずらりと並んでいるが、それらはあくまでも見本であって、いきなり購入というワケにはいかない。
  • MODEL
    教科書に載せるべき ロードバイクの歴史的傑作モデル10選
    デザインや乗り味など、個性豊かな初~中級モデルをラインナップ。自分の脚力や好みに合った、“コレだ!”という一台を選んでほしい!
  • COLUMN
    ロードバイクのパーツの役割
    ハンドル、クランク、ディレーラー、フレームチューブ、タイヤなどそれぞれの役割について知ろう。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 17875フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP