Begin

Begin

定番の教科書

定番の教科書  | 2016.12.14

ブライドルレザーとコードバンの違いって? ‐「財布」の教科書

SHARE

MASTERPIECE

ホワイトハウスコックス

ホワイトハウスコックス 誰もが愛すブライドルの王様

コインケース付き2つ折りウォレット
表版&内造りにブライドルレザーを採用することで、世に“財布を育てる楽しさ”を知らしめた不朽の名品。札室2室、シープスキン内装のコイン室、カードポケット4室など構成はあくまでベーシックに徹している。W11×G10cm。全6色。3万円。(問)グリフィンインターナショナル☎03-5754-3561

(1)カード室

(2)コバほかにはこんな種類が

切り目

革の裁断面を見せるコバ仕上げ。または、その裁断面。多くはここに化学系仕上げ剤が塗布されるが、布海苔や染料などを塗り、数回にわたり磨きを施す本磨きが採用された製品も散見する。

へり返し

薄く剥いた革の端を折り込んで張り合わせる仕立て。または、そのコバ。普通、ここに縫製が施される。菊寄せはコーナーで細かいヒダを入れて、この折り込みをカーブさせる技術である。

(3)ゆとり

ゆとり

(4)マルチポケット

(5)菊寄せ

(6)コインポケット

(7)札室

ホワイトハウスコックス

革を何層も重ね合わせて作られた小さな“建造物”各ポケットが合理的、かつミニマムに組み合わされた財布は機能の収斂そのものといえる。しかも、こうして真上から見れば、厚みを抑えつつ革を何層も重ね合わせて作られていることがわかり、財布が“手におさまる建築物”なのだと納得できる。

ブライドルレザーとコードバンの違いって? ‐「財布」の教科書

  • HISTORY
    財布の歴史を見てみよう
    外出時に必携な財布はまさに定番中の定番アイテム。誰にとっても身近な“手に収まるポケット”の中には、歴史、素材、機能、職人技……と、じつはさまざまな魅力が詰まっている。
  • MASTERPIECE
    ホワイトハウスコックス
    表版&内造りにブライドルレザーを採用することで、世に“財布を育てる楽しさ”を知らしめた不朽の名品。
  • Q&A
    財布はどこを見て選べばいいの?
    どのように使いたいのか、また、何をどのくらい入れたいのかをしっかり検討するのが前提。そのうえで、耐久性や使い勝手にかかわる“作りのよしあし”を確認したい。
  • MODEL
    教科書に載せるべき財布の歴史的傑作モデル13選
    世に財布は多々あれど、押さえたいのがこの傑作13品。財布道を極めたくば、まずここからトライを!
  • COLUMN
    買い替え & 修復可ジャッジ
    カード室の裂け、ライニングの破れ、糸のほつれ、ゆとりの切れなど愛用財布を診断&救済
  • BEGIN MARKET
    ビギンの通販で買えるオススメ「財布」
    Good Buy=掘り出し物をコンセプトに足で稼いだ自信作が勢揃い。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 16213フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP