Begin

Begin

モノ

時計  | 2016.06.16

アクセ感覚で使えるマッキントッシュ フィロソフィー×チックタックの骨太シックの3針登場!

SHARE

monogram_title_720_160
monogram_1608_C_t

ミリタリー度が別注でさらにアップ

monogram_1608_C_m

チックタック別注
マッキントッシュ フィロソフィーの
FBZT701(右)、FBZT702(左)

同社の定番3 針ウォッチ「FBZT982」をベースに、NATO軍で採用された引き通しのナイロンベルトにチェンジ。右は無骨な黒のイオンプレーティングケース、左はSSケースに紺文字盤と小技が光る。クォーツ。径38.5mm。10気圧防水。右2万6000円、左2万3000円。

 

二面性に惹かれるのは男のサガ!

シックさと骨太さ。相反する2要素を兼備した時計がこちらです。

マッキントッシュ フィロソフィーの時計は、同ブランドのウェアと同様、総じて品のいいルックスが特徴。一番人気がシンプルな3針というのがその証拠。端正な顔のものが支持を集めてるんです。

それは前提として、ミリタリー時計の要素で味付けしたのが昨秋登場の新作でした。三角形インデックスや目盛り部のミニッツレール、くびれリューズなどヴィンテージの仕様をプラス。ほんのり無骨さが加味されましたが、ベースはあくまでも上品顔でした。そこでより骨太方向に振るため、NATO軍タイプのナイロンベルトに替えてしまったのが本別注です。ブラックケースもラインナップされてグン軍と無骨に進化した姿は、これぞ別注の醍醐味でしょう。

で・す・が! それでもなおシックさから脱線していないと思いません? シックで無骨とはつまり、合わせの幅が広いということ。真のバリューはそこにあります。
 

♯ミリタリー的 ディテール

monogram_1608_C_05
軍用時計でお馴染みの三角形インデックス。これはアワーマーカーと呼ばれ、とっさの視認性をアップさせる。またヴィンテージウォッチではよく見られるくびれリューズも採用。

 

♯スーツ用もアリ

monogram_1608_C_04
スーツ用の新作としては初となるバーインデックスタイプが登場。フィロソフィーウォッチの端正な顔が一層引き立つ。クォーツ。SSブレス。径38.5mm。各2万1000円。

 

♯替えベルトを用意

monogram_1608_C_03
ナイロンベルトはNATO軍ベルトと同じ引き通しタイプ。また紺にはイエローの、オレンジには黒の替えベルトが付属。コーディネートに合わせて即座にチェンジできる。

 

monogram_1608_C_nakamura
monogram_line

注目度上昇中のフィロソフィーウォッチ。これまではどちらかというとスーツにジャストなドレス顔中心でしたが、こちらはカジュアル使いを意識したナイスな別注。黒や紺の濃色文字盤ってのも個人的にはツボです。

ベースはコレ

monogram_1608_C_01

誌面でも紹介しました

monogram_1608_C_02

 ♯NATO軍ベルト  ♯カジュアルウォッチ  ♯グン軍進化

 

(問)セイコーウオッチ お客様相談室
TEL.0120-061-012
URL.http://www.seiko-watch.co.jp/
※6月24日~7月14日、全国のTiCTAC系列店にて今回紹介した別注モデルをはじめ新作が揃うマッキントッシュ フィロソフィーウォッチフェアを開催予定。また期間中ご購入の方に先着で、ノベルティをプレゼントします。

※表示価格は税抜き

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 17810フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP