Begin

Begin

モノ

 | 2018.05.18

ブリーフィング史上初。ヘビーキャンバスを用いた強靭ボディの20周年記念コンビトート

SHARE

ブリーフィング

軽快トートにもミリタリズムがキラリ☆

ブリーフィングは今年で20周年。ミリタリーバッグの街使いを広めた、紛れもない功労者でしょう。強靭バリスティックナイロンを使い、アメリカ国内の工場で縫製された無骨なバッグは、今やファッションに欠かせない大定番です。

そして今春リリースされた20周年記念トートは、ボトムにお馴染みのバリスティックナイロンを使い、ボディに初のヘビーキャンバスを採用。軽快デザインなれど、ミリタリーオーラは隠し切れません!

ブリーフィング

ブリーフィングの20周年記念コンビトート

ブリーフィングでは史上初となる、ヘビーキャンバスを使用したモデル。バリスティックナイロンとのコンビが新鮮な印象だ。開口部はスナップボタンで開閉ができる。W53×H30×D18cm。3万3000円。(BRIEFING GINZA SIX店) 写真上/バトナーのニット2万円。(バトナー)

 

街使いに最適化されたミリタリー機能とは?

ブリーフィング

小物収納に優れたインポケット付き

タフな作りと街スペックを両立

もちろん軽快デザインのトートも、メイド・イン・USAのタフな作り。素材感や雰囲気だけでなく、実際に頑丈で気兼ねなく使うことができる。使い勝手のよいインポケットを備えるなど、街使いとして最適化された機能も光る。

 

今もメイド・イン・USAを頑なにを貫く

ブリーフィング

 

ブリーフィング

[BRAND]
ブリーフィング
創立/1998年 国/アメリカ

デイリーミリタリーを広めた功労者
真のミリタリズムを追求し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして設立。アメリカの軍需工場で生産されるシリーズは、今日ではビジネスバッグの定番ともなっている。

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年5月号の記事を再構成]
写真/大嶽恵一(BOIL) 文/押条良太(押条事務所) 吉田 巌(十万馬力) いくら直幸 秦 大輔 礒村真介 桐田政隆 黒澤正人 トロピカル松村 伊藤美玲 スタイリング/武内雅英(CODE) ヘアメイク/HACHI(Bello)

私がイチオシ!

Begin編集部セキグチ

綾野 剛を目指したパーマが不評極まりないモサモサ野郎。会話に困って、とりあえず「何歳?」と聞いたときの女の子のつまらなそうな顔が忘れられない31歳。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 25462フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP