Begin

Begin

モノ

その他  | 2018.04.15

“あの人”の財布が見てみたい! —ユナイテッドアローズ 販売促進部 部長 川東大介さん—

SHARE

業界でもお洒落感度が高く、一目置かれる重鎮たちが、一体どんな財布を使っているのか、興味ありません? 財布は持つ人の性格を表すといわれているだけに、ファッションリーダーたちは、きっとこだわり満載なはず。で、聞けばやっぱり、さすが! と頷くことばかり。十人十色の財布事情、ぜひご覧あれ!!

 

川東大介さん

ユナイテッドアローズ 販売促進部 部長
川東大介さん

以前はプレスとして活躍し、現在は同社の販売全般を統括。財布には最低限のお札やカード類しか入れず、長く愛用することがモットー。

 

外見にブランドの気配を感じない。そんな財布が好みなんです

外見にブランドの気配を感じない。そんな財布が好みなんです

お札は上下逆に収納

作りの背景を考慮しつつ大事に使うのがポリシー

「財布を購入するときは、そのブランドがどのような工程で仕上げているか、また職人の熱意を知ったうえで買います」と話す川東さん。歴代使用してきた財布も、ブランドのバックグラウンドを知ってから購入しているそう。

「ベラーゴは、実際に製造にかかわる職人さんとお話しする機会があり、素材から縫製の高さに関心、それがキッカケでオーダーしました。僕の場合、一目でソレとわかるブランドは、ちょっと照れくさいというか似合わない気がして。逆にこれは、いい意味でブランドの気配を感じないところが気に入ってます。僕は長財布と小銭入れの2個持ちスタイル。毎年訪れる神社のお守りを財布に携帯したり、お札は出費を抑えるために逆さに入れたり、現金は年齢×1000円は入れるようにしています。すべて祖父や祖母に教えられたもので、今でも律儀に守ってます(笑)」。

 

2個のお守りを携帯

2個のお守りを携帯。

 

ベラーゴの長財布

ベラーゴの長財布

神戸のレザー工房に川東さんがオーダーした、シュリンクレザーの財布。UAでも定期的にオーダー会を実施。6万5000円~。(問)ベラーゴ

 

※表示価格は税抜き


[ビギン2018年4月号の記事を再構成]
写真/恩田拓治 吉岡教雄 上仲正寿 文/宮嶋将良(POW-DER)

私がイチオシ!

Begin編集部セキグチ

綾野 剛を目指したパーマが不評極まりないモサモサ野郎。会話に困って、とりあえず「何歳?」と聞いたときの女の子のつまらなそうな顔が忘れられない31歳。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 25462フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP