Begin

Begin

モノ

PR・ウェア  | 2018.01.29

vol.1 GU(ジーユー)の旬力にGU(グウ)の音も出ません!

SHARE

180112_gu01_tit まずは謝ります。ごめんなさい! 正直に申し上げて、今まで、GUは「あのブランドの価格を抑えたセカンドライン」であると勘違いしていました。けれど実際に手に触れて&着用してみると、あのブランドは万人向けに作られているのに対し、GUは素材やシルエットに適度なトレンド感が詰まったブランドだ!と、いい意味でイメージがガラリと変わっちゃいました。そんな懺悔!?も込めまして、e-Beginナカムラとスタイリスト鈴木の両名がGUならではのよさを詳しく解説します。  

180112_gu01_nakamura01 e-Begin ナカムラ e-Beginの編集長。モノの素材や作りなど、スペックには人一倍うるさい。最近気になるのは自身の健康スペック… 180112_gu01_suzuki01 スタイリスト 鈴木 肇 雑誌ビギン本誌でもお馴染みのスタイリスト。父親となった今も、コーディネートの魔術師の異名をとる手腕は健在!

  180112_gu01_01 180112_gu01_setup_01 デニムなのに伸びちゃう? 魔法のセットアップ 伸縮性の高いカットソー素材のジャケットはGUが得意とするアイテム。全体的にすっきりとしたパターンで、ウエスト部分がシェイプした脚長効果のある美シルエットになっている。スマートではあるが、よく伸びるカットソー素材のため窮屈さは微塵も感じさせない。こちらはカットソー素材のなかでもデニム調に見える変わり種のモデルで、同素材のトラウザーズと合わせて“デニムセットアップ”のように着用できる。と聞くと「遊び要素の強いカジュアルなアイテムなのでは?」と感じるかもしれないが、後述するように細部のデザインはいちいちクラシックという点がミソ。そのおかげでビジネス着としても違和感のない、オンオフ兼用の対応力の高さがウリだ。綿54%・ポリエステル44%・ポリウレタン2%。ネイビー、ダークグレーの2色展開。S〜XL(XS、XXLはオンラインストア限定)。カットソージャケットCL(デニムライク)4990円、同トラウザーズCL(デニムライク)2490円。   180112_gu01_04

【1】デニムライクな生地

「先の秋冬シーズンから展開されているラインで、デニムのような綾織り生地のカットソーです。カットソー生地にさらにポリウレタンを混紡しているから、ほら、こんなに伸びちゃうんですよ。思わず引っ張りたくなります。タイトめなシルエットですが、これだけ伸縮性が高いのでストレスを感じさせません。濃色なので遠目からはフツーの紺ジャケに見え、お堅いオフィスでなければビジネス使いしてもとくに問題ないでしょう」

180112_gu01_06

【2】立体的ラペル

「GUの定番カットソージャケット&トラウザーズは、細部の作りがクラシカルなんです。例えばジャケットなどのテーラード服ではラペルの形状が印象を左右するといいますが、ご覧のようにしっかり立体的。このプライスなのにまったく手を抜いてません。衿のシェイプもいたってベーシックな形状でドレッシーさが際立ちます」

カットソージャケットと同トラウザーズは、デニム地風でなくノーマルな無地のタイプも展開する。グレーはナイロン50%・レーヨン47%・ポリウレタン3%、黒はレーヨン75%・ナイロン22%・ポリウレタン3%。カットソージャケット各4990円、同トラウザーズ各2490円。

180112_gu01_10 ビッグシルエット初心者に優しいサイズバランス 今どきのビッグシルエットへと進化させたスプリングコート。この手のオーバーサイズなルーズシルエットのコートは、サッと羽織るだけでリラックス感のあるお洒落な雰囲気にしてくれるから不思議だ。そのため本来はビジネス向けのアウターだが、オフの日のコーディネートにも使える。ビッグシルエットだからインにいろいろ着込めるという点でもコーディネートしやすい。表地:綿59%・ポリウレタン41%、裏地:ポリエステル100%。ベージュほか全3色展開。S〜XL(XS、XXLはオンラインストア限定)。ビッグテーラードコートCB4990円。 180112_gu01_11

【1】今どきのビッグシルエット

「商品名にもあるように、やや肩を落としてルーズな印象に仕上げたビッグシルエットのコートです。ビッグシルエットは昨今のトレンドですが、GUのような大手ブランドが手掛けてくれるのは嬉しいですね。ダボッとした着心地ですが、丈はそう長くなく、膝丈というのがポイントでしょう。取り回しやすい着丈なので、ビッグシルエットが初めてという人もトライしやすいはずです。価格面でも挑戦しやすいですしね」

180112_gu01_13

【2】高密度に糸を打ち込んだツイル生地

「ビジネスアウターでは定番のツイル生地。高密度に糸を打ち込んでいるため、張り感があり、ほのかな光沢も生まれています。すなわち上品! 風を通しにくく、アウターとしての機能もしっかり果たしてくれそう。この手の生地は着込むほどに体に馴染むので、この春だけでなく次の秋、冬と着倒して、自分だけの一着へと育ててください」

180112_gu01_15

【3】この価格でフルライニング

「GUのウェア全般にいえることですが、スケールメリットを活かしてリーズナブルさを実現する反面、作りの面で手を抜いていない点が好感度大。このコートもトレンドを追求するだけでなく、袖や身頃の全面にポリエステルのライニングを備えています。単に価格のみを追求した服作りでは裏地が省略されがちですからね。滑りのいいライニングはジャケットの上から羽織るときも変につっぱることなく、キレイなビッグシルエットを堪能できるでしょう!」

ベージュのほかに2色を展開。写真の濃紺のネイビーはビジネス使いの頻度が高いという人に。またミリタリーテイストのダークグリーンあり、カジュアル使いに重きを置きたい人におすすめ。いずれも綿ポリエステルを高密度に織り上げた微光沢ツイル地だ。各4990円。

180112_gu01_18 エルヴィス・プレスリーが愛した2ndタイプを現代に いわゆる“Gジャン”は3rdタイプが一般的だが、こちらはややゆったりしたボックスシルエットの2ndタイプをベースにしてトレンドを意識。1950年代に誕生し、エルヴィス・プレスリーが愛用していたことで有名なモデルだ。本作はいわゆるオーセンティックな2ndタイプのシルエットに少々手を加え、肩をやや落として、着丈も少し長めにすることで、他アイテムとレイヤードさせるときのバランスを整えている。つまり作業着ではなくファッションとして着るためのデニムジャケットだ。とはいえカンヌキ止めやリベットでの補強など、オーセンティックなディテールはしっかりと踏襲されている。綿100%。全5色展開。S〜XL(XS、XXLはオンラインストア限定)。デニムジャケットCB2990円。 180112_gu01_19

【1】ワイドなシルエット

「ワークウェアとして誕生した2ndタイプのデザインは、元々ボックス型で身幅にゆとりがあり、今のトレンドに合致しています。そこから一歩進んで肩をやや落としたことにより、ワークではなくタウンで映えるバランスになりました。併せて丈も少し長めにしているので、レイヤードのバランスがとりやすいですね。身幅を調整したいときは背面のシンチバックルで絞るといいでしょう。本来は1stタイプのGジャンに備わるディテールですが、ビッグシルエットにはうってつけの仕様です」

180112_gu01_21

【2】タテ落ちした加工デニム

「個人的にはこの自然なタテ落ちが気に入りました。激しいダメージ加工を施したデニムジャケットもありますが、今のトレンドとは言い難いですよね。このデニムはワークウェアとして着用し、洗濯を重ねていくうちに自然とここまで退色した……というイメージですよね。2つの胸ポケットが無骨ワークな2ndタイプには、やりすぎ感のない、これくらいの加工がジャストでしょう!」

写真のノンウォッシュのネイビーと、オフ白のホワイトデニムのほか、メインで紹介しているウォッシュドよりも一回り淡いブルーと、さらにもう一回り淡い薄いブルーも用意されている。全5色の展開だ。各2990円。

180112_gu01_24 家で洗って着られる、春のスエード顔 こちらもトレンドのアイテム、エコレザー(フェイクスエード)を用いたジャケット。細身でコンパクトに着こなせるようにと、3rdタイプの“Gジャン”がベースになっている。ボタンは鉛色のシルバーで、春らしい軽快なデザインが特徴。フェイクスエードの出来栄えが素晴らしいので、コーディネートに取り入れるだけで全体が「高そう!」に見える。ポリエステル100%。全?色展開。S〜XL(XS、XXLはオンラインストア限定)。スエードタッチジャケットCB2990円。 180112_gu01_25

【1】3rdタイプのデザインをアレンジ

「スエード調の質感を活かしてコンパクトに着られるようにと、こちらは上のデニムジャケットとは異なり3rdタイプを下敷きにしています。3rdタイプの細身パターンのほうが大人っぽく、合わせやすいですから。ちなみにデニム素材の3rdタイプを作るときと比べて、身幅や袖幅には1cm強のゆとりをもたせているとか。着用時の動きやすさを確保するための工夫です」

180112_gu01_27

【2】ソフトでキメ細やかなフェイクスエード

「このフェイクスエードはベルベットタッチといいますか、本当にスベスベ。思わず触りたくなりますよ。何なら触ってもらえそう!? お洒落な女性のあいだでは、フェイクレザーのことをエコレザーと呼んでひとつのトレンドになっていますが、本作も“スエードよりもケアが楽”という意味で前向きなフェイクレザーです。食べこぼしてもすぐに洗えるから、気兼ねなくガンガン着てください」

Vol.2「GUの旬力にのGU音も出ません コーディネート編」

Vol.3「GUの海力にのGU音も出ません モノ実力編」は2月26日配信予定

 

商品の問い合わせ先/GU(ジーユー) オンライン https://www.gu-japan.com   写真/植野 淳 文/礒村真介  スタイリング/鈴木 肇 ヘアメイク/北村達彦

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 23003フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP