Begin

Begin

モノ

時計  | 2017.11.14

ダウンサイジングが主流に!! 時計の未来予想図はU-40mmダイバーズ

SHARE

約20年前に巻き起こったデカ厚時計(©ビギン)ブーム以降、時計界ではオーバー40mmが標準サイズとなってました。……が、20年の歳月を経た現在、その反動からかもっかU-40mmの小ぶり時計がグングン勢力を拡大中! とくに人気が集中しているのがダイバーズで、元々大ぶりなイメージがあったせいか、小径になると雰囲気が一変。独特の雄々しさはちゃ~んと残ってるのに悪目立ちしないから、クリーンな装いが愛される今の時世にもハマりまくってるんです。

 

国産初のダイバーズが半世紀を経て復刻

c_mono_1711_u40_01

セイコーのプロスペックスSBDX019

1965年に開発され、南極観測越冬隊にも提供された伝説的ダイバーズの復刻版。小ぶりなサイズ感やボックス型のサファイアガラス等、レトロな意匠満載だ。自動巻き。SSケース。200m潜水用防水。35万円。2000本限定。
 

(問)セイコーウオッチ お客様相談室
TEL.0120-061-012
https://www.seiko-watch.co.jp/

 

60年の歴史を誇る伝統ダイバーズも小径に

c_mono_1711_u40_02

ブライトリングのスーパーオーシャンⅡ36

1957年に誕生した同社伝統ダイバーズ、スーパーオーシャン。今作は同シリーズ中一番小ぶりな径36mmサイズながら、視認性に優れるインデックスや200m防水など、プロ仕様の作りは健在。自動巻き。SSケース。41万円。
 

(問)ブライトリング・ジャパン
TEL.03-3436-0011
http://www.breitling.co.jp/

 

知る人ぞ知る名門も小顔にお熱

c_mono_1711_u40_03

ゾディアックのスーパーシーウルフ53コンプレッション

1882年に創業したスイスの名門が、1953年に開発した名作ダイバーズに現代的なデザインを盛り込んでリボーン。強化ガラス製ベゼルのツヤ感といい、小ぶりなサイズ感といい、古さは微塵もなし。自動巻き。SSケース。18万円。
 

(問)フォッシルジャパン
TEL.03-5992-4611
https://www.zodiacwatches.com/

 

ダウンサイジングの波はココから始まった!!

1番目のスライドへ
2番目のスライドへ
1 / 0

セイコーの ツナ缶/35万円。

セイコーの ツナ缶/35万円。

セイコーの ミニツナ缶/4万円。

セイコーの ミニツナ缶/4万円。


外胴プロテクターを備えた名作ダイバーズ、通称“ツナ缶”。50mm超えの迫力ある外観が特徴だったが、2016年に小ぶり(45.9mm)の“ミニツナ缶”が大ヒット。小ぶりダイバーズ人気の先駆けとなった。
 

(問)セイコーウオッチ お客様相談室

※表示価格は税抜き

 


[ビギン2017年11月号の記事を再構成]

私がイチオシ!

Begin編集部セキグチ

綾野 剛を目指したパーマが不評極まりないモサモサ野郎。会話に困って、とりあえず「何歳?」と聞いたときの女の子のつまらなそうな顔が忘れられない31歳。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 20709フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP