Begin

Begin

モノ

 | 2017.08.29

電車でGO!がネクストトレンド!? ドッペルギャンガーアウトドアのキャンパーノ・コロコーロ

SHARE

c_mono_1710_bb6_01

ドッペルギャンガーアウトドアのキャンパーノ・コロコーロ

キャンプは好きだけど、クルマがない……(涙)。そんなアナタに朗報!! コイツさえあれば、キャンプだって気楽に電車でGO! できちゃうんです。

ユニークな着眼点で注目を集める日本のアウトドアブランドが今回開発したのはキャンプ用スーツケース。最大の特徴はテントや寝袋、折り畳みテーブルといった道具類を収納しやすい縦長デザイン。スリムな設計は電車内で邪魔になりにくく、改札やエスカレーターをスムーズに通れるというメリットも。

機能面も技ありで、前面にストラップを取り付けることができ、未舗装路などではバックパックのように背負ってもOK。で、何より最大のメリットといえば……、帰りの運転を気にせずお酒が飲めること! キャンプの醍醐味は何よりこれですからね♪

鉄道の世界には乗り鉄、撮り鉄といったイロイロな楽しみ方がありますが、アウトドア界では電車で行く“鉄キャン”がネクストトレンドの気配です。

 

ありそうでなかった縦長フォルム

c_mono_1710_bb6_03

チェアやテントなどギアの多くは収納すると縦長になる。ゆえにこの形状はじつに理にかなっているのだ。荷物を押さえるバンドや細々とした道具を収められるポケットも便利。

 

キャンプ場ではローテーブルに!

c_mono_1710_bb6_04

前面部の形状がフラットなのにはワケがある。そう、キャンプ場に着いて荷物を出した後は、写真のようにローテーブルとして使うことができるのだ。荷物の削減にも一役買うぞ。

 

バックパックのように背負える!

c_mono_1710_bb6_02

駅の階段やキャンプ場の未舗装路に差しかかったら、前面にストラップを取り付けて背負って移動。このストラップはケースに入りきらなかった荷物を固定するのにも役立つ。

 

クルマを持たない都市型キャンパーに便利なスーツケース。縦長のフォルムが特徴で、電車の中で邪魔にならず、改札もすんなり通れるという優れものだ。防水ジップを採用するなど機能も優秀。ロック機能付き四輪キャスターは別売りのスペアに交換可。4.4kg。W36×H88×D24cm。1万8000円。

(問)ビーズ
TEL.050-5305-9905
http://www.doppelganger-sports.jp

私がイチオシ!

Begin編集部セキグチ

綾野 剛を目指したパーマが不評極まりないモサモサ野郎。会話に困って、とりあえず「何歳?」と聞いたときの女の子のつまらなそうな顔が忘れられない29歳。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 19424フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP