Begin

Begin

モノ

ウェア  | 2015.07.15

もはや反則!? リアルすぎる色落ちの秘密とは?

SHARE

mono_1508_bb2

417 by エディフィスのカスタムデニム

少々先の話ですが、2015年秋冬はヴィンテージウェアがキーワードとなる気配。なかでも注目度が高まりそうなアイテムが古着のジーンズです。ただ、古着って色落ちが気に入ってもサイズが合わなかったり、シルエットが野暮ったかったり、めったに「コレ」という一本に出合えないんですよね〜。

そこで俄然輝きを放つのが、こちらです。この色落ち具合を見たら、通も唸るはず。だってリアルも何も、おもに’90年代に生産された古着のリーバイスをカスタムしたものなんですから!しかも3万本の古着の中からバイヤー氏が入念にチェックし、いいものだけを厳選したって気合の入りよう。また単なるカスタムにあらず。日本人の体型にマッチするようシルエットが細身テーパードに変更されてるんですよ!

古着の味はそのままに、シルエットを今どきにアレンジ。文字通りの味アンフィットは、服好きのワガママを具現化した大発明といえるでしょう。

mono_1508_bb2_a
古着のリーバイスを今どきにカスタム

mono_1508_bb2_b
mono_1508_bb2_c
mono_1508_bb2_d
古着だから味出し済♡
近年ジーンズの加工技術は目覚ましい進化を遂げたが、実際の着用によって生まれた古着の味はやはり別格。タテ落ちのほか、若干色褪せて縮んだ赤ミミやバックのパッカリング、裾のほころびなど、通なら生唾ごっくんもののディテールがてんこ盛り。

 

mono_1508_bb2_e
脚がすっきりスマートに!
日本人の体型に合わせた細身のテーパード。裾にかけてだんだん細くなるから脚がすっきりして見える。それに古着はジャストサイズに巡り合うのが難しいため、このアレンジは嬉しい!

 

これまでにもリーバイスの古着を使ったリメイクジーンズは存在したが、そのほとんどが数万円以上。が、このカスタムデニムなら1万円チョイで買える! おもに’90年代にヨーロッパ、フランス、英国、アメリカで生産された古着のデニムを使用している点も嬉しい。1万2000円(ダメージあり)。1万円(ダメージなし)。

(問)417 by エディフィス 渋谷
TEL.03-5456-6971
http://four-one-seven.jp/

※表示価格は税抜き

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 19760フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP