Begin

Begin

モノ

ウェア  | 2016.12.30

利きTしない? ヴィンテージ考古学者からの超難問にチャレンジ!

SHARE

mono_1702_bb05_m

ナイジェル・ケーボンの3パック ジム Tシャツ

ナイジェル・ケーボンの3パックTと聞いて、ありきたりのパックTのはずがないと思ったあなた、いや~スルドイ。今や定番ブランドだけでなく、高級ブランドも手掛けるパックTですが、ナイジェルのそれは3種類の紡績糸で作った3種類のTシャツ……。もう特濃レベルのマニアックぶりです!

それも、1830年代に開発されたリング紡績糸、1950年代に誕生したオープンエンド紡績糸、そして最新のボルテックス紡績糸と、紡績技術の歴史をまんま紡いだような布陣。他ではまずあり得ないこだわりっぷりです。

当然、紡績糸の違いは風合いや肌触りの違いに表れます。でも、その違いときたらガキ使の“ききシリーズ”のお題になってもおかしくないくらいの微差。「私が着たのは……、オープンエンド紡績糸ではございません!」なんて即答できたアナタはもう、Tシャツ博士に認定します(笑)。さあ、この一口……ならぬ、一着に命をかけろ!!

1番目のスライドへ
2番目のスライドへ
3番目のスライドへ
4番目のスライドへ
5番目のスライドへ
6番目のスライドへ
7番目のスライドへ
8番目のスライドへ
9番目のスライドへ
1 / 0

<strong>1830S リング紡績糸はサラリと着られるナチュラルタッチ</strong><br />機械式として最も古く、現代にも継承されるリング精紡機で紡いだ糸を使用。サラッと肌馴染みのいいナチュラルタッチが特徴。

1830S リング紡績糸はサラリと着られるナチュラルタッチ
機械式として最も古く、現代にも継承されるリング精紡機で紡いだ糸を使用。サラッと肌馴染みのいいナチュラルタッチが特徴。

<strong>1830S リング紡績糸はサラリと着られるナチュラルタッチ</strong><br />機械式として最も古く、現代にも継承されるリング精紡機で紡いだ糸を使用。サラッと肌馴染みのいいナチュラルタッチが特徴。

1830S リング紡績糸はサラリと着られるナチュラルタッチ
機械式として最も古く、現代にも継承されるリング精紡機で紡いだ糸を使用。サラッと肌馴染みのいいナチュラルタッチが特徴。

<strong>1830S リング紡績糸はサラリと着られるナチュラルタッチ</strong><br />機械式として最も古く、現代にも継承されるリング精紡機で紡いだ糸を使用。サラッと肌馴染みのいいナチュラルタッチが特徴。

1830S リング紡績糸はサラリと着られるナチュラルタッチ
機械式として最も古く、現代にも継承されるリング精紡機で紡いだ糸を使用。サラッと肌馴染みのいいナチュラルタッチが特徴。

<strong>1950S オープンエンド紡績糸はパリッとしたドライタッチ</strong><br />空気の渦を利用して撚りを加えるオープンエンド精紡機で紡いだ糸を使用。適度に硬く、パリッとしたドライな肌触りが特徴。

1950S オープンエンド紡績糸はパリッとしたドライタッチ
空気の渦を利用して撚りを加えるオープンエンド精紡機で紡いだ糸を使用。適度に硬く、パリッとしたドライな肌触りが特徴。

<strong>1950S オープンエンド紡績糸はパリッとしたドライタッチ</strong><br />空気の渦を利用して撚りを加えるオープンエンド精紡機で紡いだ糸を使用。適度に硬く、パリッとしたドライな肌触りが特徴。

1950S オープンエンド紡績糸はパリッとしたドライタッチ
空気の渦を利用して撚りを加えるオープンエンド精紡機で紡いだ糸を使用。適度に硬く、パリッとしたドライな肌触りが特徴。

<strong>1950S オープンエンド紡績糸はパリッとしたドライタッチ</strong><br />空気の渦を利用して撚りを加えるオープンエンド精紡機で紡いだ糸を使用。適度に硬く、パリッとしたドライな肌触りが特徴。

1950S オープンエンド紡績糸はパリッとしたドライタッチ
空気の渦を利用して撚りを加えるオープンエンド精紡機で紡いだ糸を使用。適度に硬く、パリッとしたドライな肌触りが特徴。

<strong>1990S ボルテックス紡績糸は毛羽を抑えた滑らかタッチ</strong><br />日本の最新技術によるボルテックス紡績糸を使用。規則正しく精紡され、毛羽が糸の中に潜り込むため、肌触りは非常に滑らか。

1990S ボルテックス紡績糸は毛羽を抑えた滑らかタッチ
日本の最新技術によるボルテックス紡績糸を使用。規則正しく精紡され、毛羽が糸の中に潜り込むため、肌触りは非常に滑らか。

<strong>1990S ボルテックス紡績糸は毛羽を抑えた滑らかタッチ</strong><br />日本の最新技術によるボルテックス紡績糸を使用。規則正しく精紡され、毛羽が糸の中に潜り込むため、肌触りは非常に滑らか。

1990S ボルテックス紡績糸は毛羽を抑えた滑らかタッチ
日本の最新技術によるボルテックス紡績糸を使用。規則正しく精紡され、毛羽が糸の中に潜り込むため、肌触りは非常に滑らか。

<strong>1990S ボルテックス紡績糸は毛羽を抑えた滑らかタッチ</strong><br />日本の最新技術によるボルテックス紡績糸を使用。規則正しく精紡され、毛羽が糸の中に潜り込むため、肌触りは非常に滑らか。

1990S ボルテックス紡績糸は毛羽を抑えた滑らかタッチ
日本の最新技術によるボルテックス紡績糸を使用。規則正しく精紡され、毛羽が糸の中に潜り込むため、肌触りは非常に滑らか。

味ありオリジナルパッケージ
mono_1702_bb05_01

 

ヴィンテージウェアの収集家としても知られるデザイナーのナイジェル・ケーボン氏による、紡績糸の変遷をまんま封入した3パックTシャツ。ヴィンテージ考古学者の異名をとる彼らしい提案だ。どの紡績Tもデザイン性◎で、インナーとしてはもちろん、一枚で着ても十分OK。1万4000円。

(問)アウターリミッツ
TEL.03-5457-5637
http://www.cabourn.jp/

※表示価格は税抜き

>> 今月のいいモノランキング一覧へ

私がイチオシ!

Begin編集部セキグチ

綾野 剛を目指したパーマが不評極まりないモサモサ野郎。会話に困って、とりあえず「何歳?」と聞いたときの女の子のつまらなそうな顔が忘れられない29歳。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 19415フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP