Begin

Begin

モノ

ウェア  | 2016.11.04

イタリアから今秋上陸! 衿元の絶妙な“立ち”が洒脱なニュアンスを生む“ネック”ストダウン

SHARE

mono_1612_bb03_m

デュノのディアブロ-R

もはや世はダウン戦国時代。カナダグースなどの大本命を筆頭に、ジャパンダウンといった新鋭も現れ、「何を買えばいいんだぁ~」と悩む人も多いでしょう。新鮮さ&周囲とカブらないという点でビギンが導き出した回答はズバリ、伊から初上陸したデュノです。

ビギン12月号でも別モデルを紹介していますが、このディアブロも通勤に◎なスマートなシルエットが魅力。可能な限りシームレスにしたというリバーシブルの表面は洗練された印象で、ネック回りの異素材のあしらいが味のある表情をプラスします。さらに洒落度を高めるのが、フードの立ち上がり部分。2つ付いた小さなボタンの下側を留めると、首元が絶妙な角度で立ち上がり、今旬なニュアンスがつけられるんです。こんな細やかな芸が利いたダウンって、なかなかないですよね~。

今年イチの大型新人。ちょい早いけど、思い切ってこの悪魔(ディアブロ)に魂を売れば、あなたに幸せな冬が訪れるはずです!

 

mono_1612_bb03_01

フードの見え方がカッコイイ!

首元にボタンが2つ付き、フードの立ち上がり具合を調整可能。さらにスタンドカラーの外側には伊製のウールがあしらわれ、素材とカラーのコントラストが、首元にこなれた表情をプラス。
mono_1612_bb03_02

 

mono_1612_bb03_03

衿の内側からニットがチラ見え!

スタンドカラーの内側にはニットがあしらわれ、マフラーなどの巻き物ナシでも首元はヌクヌク暖か。チラ見え効果によってさらなる立体感も生まれ、アクセント効果は絶大だ。

 

2012年に伊のフィレンツェで生まれ、今秋日本に初上陸。表地はポリエステル100%、裏地はナイロン100%のリバーシブルで、シンプルな表面に対し裏面は2色使いで、よりカジュアルに着られる。伊の超一流ダウンブランドと同じ工場で作られ、羽毛抜けを防止するためダウンパックを二重にするなど、作りのよさもピカイチだ。9万2000円。

(問)サワノ
TEL.0466-60-3400
http://www.sawanoltd.com/

※表示価格は税抜き

>> 今月のいいモノランキング一覧へ

私がイチオシ!

Begin編集部ツノダ

自宅と社内を含めて50足以上のスニーカーを所有する、自他ともに認めるスニーカーフリーク。衝動買い大好き。校了時のワンクリックがやめられない29歳。

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 4226フォロー

  • 9461フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP