Begin

Begin

コト

トレンド  | 2015.10.30

今日から始める! コーヒー“豆”知識  ”国別”コーヒー豆の特徴

SHARE

コーヒーの豆知識
まずは国別で把握しよう!コーヒー豆の特徴

コーヒー豆の味は、煎り具合とともに豆の栽培環境によって左右される。つまり産地ごとの個性を知れば、好みの味も見つけやすいということ。
農家や年度によっても味は千差万別なのであくまでも目安だが、ウマい一杯を淹れるための第一歩として、まずは国別の豆の個性を把握しよう。

中央に寄るほどバランスに優れる

  • 中米産の豆の特徴として、レモンやオレンジなど柑橘系の香りを含んだ、爽やかな風味のものが多い。サードウェーブと呼ばれる最近のコーヒームーブメントでは、この酸味が大切にされます。煎りすぎた豆はこれが消えるので注意が必要です。

  • コーヒーの味には本来、自然な甘みが含まれています。風味に応じてチョコのようなとか桃のような、という表現がされますが、甘みが強い豆が多いのが、グラフ右側の産地。低めの温度の湯で抽出すると、甘みが強調されます。

  • 僕らが抱くコーヒーの原風景といえば、苦さ。深く煎った豆はこれが強調されますが、コゲの味が強く出るため、どの産地の豆でも味が似通ってしまいます。風味を殺さぬよう適切に煎られた豆で苦みを楽しめるのが、グラフ下側の豆といえます。

  • ブラックペッパーやカルダモン、シナモンなどさまざまなスパイスに喩えられる風味を、ケニア産などは備えています。これが強いものは野性味を感じさせる個性の強い風味となるため、気分を変えたいときに選ぶのもオススメですね。

  • 写真/上野 敦(プルミエジュアン)
  • 金子麻也
  • 文/秦 大輔
  • スタイリング/四方章敬
  • イラスト/JERRY

SHARE

SUBSCRIBE

FOLLOW US
Beginの記事は各種SNSでも配信中

  • 9113フォロー

  • 17858フォロー

この記事を読んだあなたにオススメ

RELATED POST

PAGE TOP